日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

刺繍の時間

刺したい刺繍があるのに
時間がとれず
つくづくナマケモノだなと自分で自分がいやになる。

DSCN0119_convert_20170618193611.jpg
こんなちいさな刺繍でも
出来上がった時はウレシイ♪



「こらーっ!!
ボーっとしてる時間はあるんだから
針を持て!」(←心の声)

針と糸でちくちくと一針一針集中していれば
雑念がどこかへ飛んでしまうのはわかっているのだから
刺繍の時間を増やせば
前向きになれるはずなのだ。

いったん始めてしまえば
ひたすら布に描く糸の表現が楽しくて
夢中になれる。

刺繍の先生は30代の方ですが
刺繍への愛に溢れていて
ひたすら刺繍の道を突き進んでいる。
素敵。

一日に8時間くらい刺していることもあるらしい。
すごい努力家。
素敵。

でも穏やかな温かい雰囲気で
ついつい甘えてしまう。
甘えられる存在がいるってなんて素敵!

針仕事は地味な世界だけど
確かに自己表現だと感じる。

小さな刺繍のなかに
それに向き合う時間と想いが凝縮される。

知らぬ間に刺繍によって
ストレス発散できているような。

図案を考える、
刺繍糸を選ぶ、
ステッチを考える、
針を布に落とし込む、
そんな作業の中で
自分らしさがにじんでくる。

デッサンや植物画や
トールペイントを少しかじってきて
自分には独創性がないことに気づき
そうなるとどうも行き詰って
そんなとき
刺繍がそんな行き詰まりからちょっと救い出してくれた。

今までちょっとずつ習ってきたことが
刺繍に集約されるような気すらする。
(いや~自分に都合よく考えるクセがここでも出ました!)

図案に沿って刺し埋めていくことは
絵を描くことととても似ています。

針と糸と布と向き合うって
こんなに居心地よいものだったなんて。

刺繍は奥深いけれど
とっても間口の広いものなんだと
伝え続けてくれる先生には有り難いな~と思っています。

ナマケモノの私でも
細く長く続けていけたら
そこから何かが見えてくるよね。


DSCN0089_convert_20170618193503.jpg
ちょっと前の晩ごはんの一品のかつおのカルパッチョ
この日のタレは美味しくできた~♪





今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/06/19 07:25 ] 刺繍 | TB(0) | CM(4)

ぬか床、めげずに再スタート。

冬を越している間に
ぬか床をどうやら駄目にしてしまいました。


DSCN0085_convert_20170614073848.jpg
日ごとに色づいてきた庭の紫陽花


夏のあいだは美味しく活用していても
冬になって野菜を漬けなくなると
ぬか床をかき混ぜなくなり
冷蔵庫に保管してもカビが生え
カビを削り取っても
どうも味が変わっているのです。

こんな調子で何度もぬか床を断念しています。

何年も何十年も同じぬか床を育てている話をきくと
すごいな~と尊敬します。

やはり私にはまめな努力が足りんのでしょう。
なにごともこつこつと努力が大事なんですね~
(努力しても報われないことはあるんですけれどね(^▽^;))

そんな私を見かねて(?)
家事にはほとんどノータッチな夫(最近は比較的協力的ですが♪)が
な、な、なんと
「僕がぬか床作る」と。

で、私はぬかと水と塩、そして唐辛子、昆布を用意し
間髪入れず(夫の気が変わらぬうちに)
夫の目の前に置き
「では、お願い!」と。

糠漬け大好きな夫は
美味しい糠漬けを食べたいがために
いそいそと私の指示のもと新鮮なぬか床を作ってくれました。

DSCN0093_convert_20170614074141.jpg
義母が使わなくなったという糠漬け用容器(重い!大きすぎる!)
がうちで役立ってホッと一安心


初めに材料を合わせて
ただかき混ぜるだけでも
なかなかの労働なので
助かりました。

DSCN0094_convert_20170614074313.jpg
程よい柔らかさ、水分加減、いい香り


「毎日かき混ぜるからね」という夫の言葉は
残念ながら空しくも一度も実行されていませんが
まあまあ最初にこうしてスタートさせてくれただけでも
良しとしなくてはね。

まだスタートして10日ほどですが
捨て漬けも終え
きゅうりの糠漬けを5本ほどいただきました♪

DSCN0088_convert_20170614073932.jpg
まだまだ旨みがありませんが新鮮で美味しい


まだ糠の馴染みが甘いけれど
これから育てていくことで
滋味深くなっていくことでしょう。

今度こそ何年も続くぬか床を目指して(^^♪







今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/06/14 07:55 ] | TB(0) | CM(4)

元乙女たちと歴史散策♪

高校時代の友人たちと6人で定例同窓会。
友人のひとりの住む街、茨城県水戸で集まることに。

ゆったり落ち着いたホテルの個室ランチは
女子会トークを誰に気遣うことなく炸裂(!)でき
しみじみ女性にはこういう時間が必要と再認識。

水戸は県庁所在地。
駅からほど近い伝統あるホテルは
お料理も美しくお味もよく
丁寧な対応に安心して寛ぐことができ
心温もりました。

都心へ向かうばかりでなく
こうした歴史ある街を楽しむことも素敵なことだと
再発見。

DSCN0018_convert_20170611115432.jpg

ひとしきりおしゃべりのあとは
水戸の歴史を改めて見直した
「弘道館」の見学。
地元ボランテイアの方の詳しい説明をじっくり聞きながら
歴史を辿り
歴史から学ぶものをやっとこの年齢で噛みしめられるようになりました。
(遅すぎ~)
(他のみんなは詳しい!自分の怠けてきた過去が益々浮き彫りに💦)

DSCN0019_convert_20170611115330.jpg


江戸時代の総合大学としての弘道館という誇り。
建学の精神のひとつにある文武一致など
あの時代に多様な科目を学ぶことは計り知れない努力が必要だったろう。
弘道館の佇まいのなかから
伝わってきた精神から改めて歴史への興味を持ち続けたいと思いました。
本当にナマケモノなのでこういうきっかけが大事です。

DSCN0022_convert_20170611115107.jpg


東京で生まれ
神奈川、千葉に暮らしてきた私には
どうも地元愛というものが欠如している。

それぞれの土地の特性は
見てきたつもりだけれど
歴史を掘り下げる、という根気強さがない。

高校時代の友人たちは
こどもさんやお孫さんの成長に
幸せや気がかりを抱えながら
また自身のこれから先の生き方をも模索中。

いくつになってもそれぞれの人生の中で
取捨選択して歩いている。
その試行錯誤を直に感じて
また自分自身も想いを新たに。

みんなから元気をもらいました。




今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/06/11 20:00 ] つながり | TB(0) | CM(2)

近くのわんちゃんのジュンちゃんがなくなり
お悔やみにお宅に伺って
ジュンちゃんの写真をいろいろと見せてもらっていたら
不覚にも涙がこみ上げてきました。

DSCN0042_convert_20170606073952.jpg
ジュンちゃんのイメージで作ってもらったアレンジメント


最近涙を流していなかったことに
気づきました。

涙を我慢してしまうのは
良いことではないですよね。
でも人前で泣くことが
自分の弱さをさらけだすことではないかと
ついつい抑えてしまいます。

涙腺が緩んでいると感じるのに
涙を思いきり流せなくなっている。

本当の強さとは
涙をも隠さずに自然に流しそしてケロッと立ち直ることかもしれない。

確かに大泣きした後の
抜け殻になったような爽快感、脱力感は
次へのステップになるのかもしれません。

涙をこらえたとしても
不完全燃焼感が残るだけのような気がします。

ジュンちゃんへの懐かしさ。
なんのこだわりもなく寂しい気持ち。
小さい身体で治療に耐えたこと。
それらがこみ上げて
涙が零れ落ちた。
あるがままの感情を外へ排出することは
時には必要。

うちのワンコとジュンちゃんが
虹の橋で再会して遊んでいる様子が浮かんできました。
ちょっと救われます。

DSCN0067_convert_20170606073840.jpg
いただいたサボテンの株分けからこんなに美しい白い花が咲きました






今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/06/06 07:50 ] 日々のこと | TB(0) | CM(5)

家事の価値!

家事はとても地味な作業ですが
サボっていると
とたんに居心地が悪くなり
心にも埃が溜まります。

DSCN0028_convert_20170531073957.jpg
これから色づき始める紫陽花


ある年上の知り合いの主婦の方が
「家にいると暇でつまらない」と言うのです。
私は軽く驚き
「主婦って暇ではないですよね。やることすごく多いですよね?」
と言わなきゃいいのに言ってしまったのです。

話がまったくかみ合わず
苦笑いのみ。

家事に興味を持てず
価値を感じていなければ
家のなかでの作業の意味が見当たらなくなるのも納得。

確かに家事は最低限(この線引きは難しい)のことをしていれば
それで問題ないともいえます。
際限ないし
成果が認められにくいし
目的意識を持てなければ
変化のない世界。

DSCN0031_convert_20170531074126.jpg
未だ実がならないゆず
剪定を間違えているのかな


でも
きれいに片付いた空間を追求したり
効率よい情報処理を心掛けたり
楽しい食事を日々トライしていたら
暮らしは新鮮で充実していくはず。

怠けんぼうな私が言うのもなんですが\(^o^)/

数年前までできていなかったことのひとつが
夕食後の食器洗いを直後に済ませること。
翌朝になってしまうことがしょっちゅう。
(皆さん引かないでくださいね)

ところが!
今では直後に片付けるようになりました。
(当たり前のことができなかった時期がありました)
翌朝の爽快感が全く違います。

もっと台所をスッキリさせたい気持ちが頭をもたげてきます。

やればやっただけ達成感も得られ
精神的にも新たな目的が見えてきて
「つまらない」という気分から脱せるのではないかと思います。

家事の価値をもっと意識して
家事が気持ちに与えるプラス効果を
もっともっと感じていきたい。

もっと老いたら
家事はもっと大変になるだろうから
モノを少なくして
労働力が少なくてもキレイを維持できるようにしたい。

モノが少なくなれば
掃除も整理もラクになりますもんね。

やる気が出てきましたゾ。
こうして書くことで自分自身に改めて意識させています。

DSCN0001_convert_20170530142835.jpg
どんなに忙しくても休日の朝食はバランスと彩りに気をつけようというのが
私のささやかな家事のこだわりかな




今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/05/31 07:30 ] 日々のこと | TB(0) | CM(6)