日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

秋の旧古河庭園

やっと歩きやすい季節になってきましたが
しばらく雨が続きそうで体調にはお気をつけくださいね。

先週
駒込・旧古河庭園のバラが咲き始めたらしいと聞きつけ
歩いてきました。

DSCN0785_convert_20171017073217.jpg

DSCN0788_convert_20171017073456.jpg


駒込は夫がちいさいときに過ごした場所なので
この庭園は何度も一緒に歩いているのですが
この日はボランティアガイドさんの説明で
知らなかったことをたくさん聴くことができて
興味が増しました。


DSCN0794_convert_20171017073344.jpg

DSCN0789_convert_20171017073416.jpg


洋館とバラ園に目が集中しがちですが
大正時代の当時、外国からのお客様をもてなす際の
「敷地を広く見せる演出の意味合いの馬車道」や
つつじ園の存在は「バラ園の興奮のフェードアウトの役割」を担っていたことなど
庭園構成の奥深さも知り
「知る」って楽しい!と今更ですが。

この長雨であのバラの蕾たち、大丈夫かな~




今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/10/17 07:50 ] 歩く | TB(0) | CM(2)

気力の低下。

仕事で知り合った友人と
近所でお昼を一緒にしながら
近況を伝えあいました。

友人にも最近いろいろあって
「人生ってホント何が起こるかまったく予想できないね」とか
「会いたいと思ったら、いつか、じゃなくて
会いたい時に会わなきゃいけないよね」とか。
妙にしみじみとそんなフレーズが浸み込みました。

家族のこと
仕事のこと
友人も気力がガタ落ちだと言う。

私も去年とは体力気力が全然違って
落ちる一方。

やだ~私どこまで落ちるの?

ときおり
本当に危ない崖っぷちまで
急降下するような感覚すらある。

「おっとっとっと」って感じで
自分をギリギリ取り戻して
日常を繰り返せる幸せを
かみしめていたりします。

DSCN0811_convert_20171014072904.jpg
近くの公園にて


年齢の影響も確かにぬぐえないけど
それだけに理由をあてはめるのも
なんだか生温い気はする。

体力を維持することが
気力維持にも大きく関わっているらしいので
運動習慣も日常的に組み込まなきゃね。

DSCN0822_convert_20171014072949.jpg
赤い実が目を惹きました


日常の動作のなかで運動量を増やす工夫も
馬鹿にできないと訊く。

最近は友人との別れ際には
「からだ気をつけてね」が決まり文句になって
若い時には決して言わなかったな、と
ヘンなところに感心しています。





今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/10/14 07:36 ] 日々のこと | TB(0) | CM(10)

バラの挿し木の鉢上げ

暑くて庭作業がずっとできずにいました。
夏のあいだに
草木は放っておくほど
伸びるわ伸びるわ。

私たちもこんなふうに進歩?できたらいいのにね~なんて
言いながら(笑)。

そんなこと言ってる場合じゃなかった!

まずはご近所のひまわりさんからいただいたバラの挿し木を
一回り大きな鉢に植え替えました。

DSCN0755_convert_20171003080923.jpg
根っこが伸び伸びしてホッとしました。


挿し木がしっかり根付いたのを確認できてから
もうずいぶん日が過ぎているので
駄目にならないか
気になっていました。

夫の手を借りて
植え替え完了。

今までこのくらいの作業は
ひとりでやっていたのに
今年は情けないな。

庭作業は気力も体力も揃わないと
手をつけられない。
この心地よい季節にやっておかなきゃ
いったいいつやるの?ってことですもんね。



今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/10/07 07:35 ] 植物 | TB(0) | CM(4)

好きなことがあるって幸せ。

刺繍の先生に会うたびに
刺繍の新しい魅力を発見します。

たどたどしい刺繍であってもそれなりに可愛らしかったり
みっちり真面目に刺した刺繍なら
それはそれですごいし
個性そのものでいくのも刺繍のよさかもしれない。

なかなかまとまった時間がとれなくて
進歩しない私だけど
地味にコツコツ続けていけば
針目が揃ってきたり
いくつかのステッチを使い分けられるようになる日も
きっと来ようというもの。

先生の新しい作品はどれも時間と労力を惜しまずに
練り上げられたもので
次々と新しいアイディアも語ってくれて
刺さない日はないという刺繍愛が
私に伝染します。

こつこつ続けていくことが
私にとっての一番の目標。

DSCN0751_convert_20171003080836.jpg


今までいくつか憧れから夢中になってきたことは
いつも楽しい時間。
そのどれもが無駄じゃなく今につながっていると思える。
辿り着いた今この時、目の前のことを
大切にしたいなと思います。

針と糸と布から広がる世界が
こんなにあったかくて優しく
しかもこんなに奥が深いなんて
今まで知らなった。

いろんな浮世の悩みは尽きないけど
きっとそんなときほど
好きなことに没頭すればいいのね。






今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/10/04 07:45 ] 刺繍 | TB(0) | CM(4)

老いを感じて

夫と義母とお墓参りに行き
高齢であちこちと故障がありつつもパワフルな義母でしたが
この頃ははさすがに老いを感じます。

会話は相変わらずクリアで
ほとんどズレを感じないし
はっと教えられることもたくさん!

ただ会うたびに募るのは
足元の不安定さで
そばで身体を支えずにはいられない。

今まではそこまでではなかった。
やはり年齢なりの変化です。

電車も日常的にひとりで利用できていますが
ヒールのある靴はもうやめたほうがいいと感じました。

本人も「スニーカーみたいな靴にしなきゃね」と
言っていました。

お墓参りのあと
江の島、鎌倉をドライブしながら
帰路につきました。


DSCN0713_convert_20170925075924.jpg
江ノ電を左手に見ながら
右手は湘南の海。


DSCN0716_convert_20170925080307.jpg
鎌倉の段葛が新しくなっていました。



それでも義母は疲れたとは一言も言わず
(なんてタフなんだろ)
逆に私たちの疲れを気にするという気丈ぶり。

たぶん私が義母の年齢だったら
お墓参りのあとにはまっすぐ家に帰るだろうな~

この差はなんだろ?

この年代の方は根性がハンパないわ。
骨太な食生活の賜物なのかな。

いつもは義母にも辛口な夫も
お墓参りを3人だけで行くのは珍しく
優しい口調で接していたので
ホッとしました。

夫はすごく親思いなのに面と向かうと優しい言葉は滅多に言わない。
こちらがハラハラするくらい辛辣な言葉をぶつける。
(ま、相応の理由があるわけなんですが)
でも最近はそうも言っていられないほど
義母の老いは少し切実で
顔を合わせれば
「元気でいてね」という言葉をかけている。

今までの長い間にはいろんなこともあったけれど
義母とも楽しい時間をできるだけ過ごしたいと
思う。

私にとってもう義母だけが親と呼べる存在で
だからこそ特別な思いがある。





今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





[ 2017/09/27 07:50 ] つながり | TB(0) | CM(9)