日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

標高2612mの銀世界


長野の旅のこと
しつこいですがもう少し(;^ω^)続きます。

旅の楽しみは宿も大きなポイントです。

選ぶときはあちこちのサイトやクチコミを比較検討して
好みの宿を探す。
求める要素はやたら多くお客ってわがままです。
かと言って予算はシッカとあるのだから難しい(;^ω^)

本館でなく
新しい離れの素敵な雰囲気に惹かれて
予約したのだけれど
当日「本館の広いお部屋が空いているのでそちらにどうぞ」と
宿のお気遣い。

その計らいは有り難いながらうちには無用。
(だって広さはさほど求めていないから)
なのに何故かふらふらっとお受けしちゃった。
(あんなにこだわって探したのはなんだったかってことです)

確かにお部屋はふたりだけで利用するには
贅沢すぎるほど広く
川の流れを真正面に山並みも美しく
朝陽をいっぱいに浴びることができ
とても居心地よかった。

朝陽宿からの
宿からの眺め。
朝陽が南アルプスの山並みから昇り
窓のすぐ下には太田切川の川音が力強かった。



ただ私が思い描いていた粋とか風情とか
非日常性とか
そういうものとは少し違っていたかな。

でもお宿のもてなしの姿勢には
癒され想い出深い場所になりました。

露天風呂は山の斜面に新緑とツツジの鮮やかな景色が望めて
心身ともに伸び伸びできました。

翌朝
バスとケーブルカーを乗り継ぎ
朝9時くらいには標高2,612㍍の千畳敷カールの絶景に到着し
この時期でも雪はまだしっかりと残っていて
ここからまた完全装備で駒ヶ岳山頂まで登るひとたちも
結構いた。
スキー板を担いでいるひともいた。

実は初心者でもオッケイな季節ならば(7月から9月)
ここから山頂まで登ってみたかった。
しかしこの時期はまだそれなりの装備でなければ危険な箇所もあるそうなので
登るつもりはありませんでした。
いつか登る機会を作りたい。

眺め駒ヶ岳ロープウエーからの
駒ヶ岳ロープウエーからの眺め。

高山植物にはまだまだ早すぎるとはわかっていながら
千畳敷カールの周囲の遊歩道を歩く気は満々でした。
しかし遊歩道はなんとまだ雪の下。
やはり7月から9月くらいの間しか
歩けないのだそう。

何ごとも早め早めな今年だから
もしや?なんて期待していた自分の甘さが恥ずかしい(;^ω^)

千畳敷カール
千畳敷カール。
中央部分の黒い点々はスキーをする人たち。


そういえば春スキー懐かしいな~
20代のころは5月といえばシーズン最後のスキーを楽しんだっけ。
スキーに熱くなっていたころを思い出した。
雪を見るとじっとしていられなくなるあのエネルギーが懐かしい。

この雪景色が
夏には高山植物の見られる楽園になるなんて
自然って力強い。





今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックありがとう♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2018/05/27 18:28 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(2)
梅雨入りのことを考えていたら、
雪が見られるなんて・・・
千畳敷カール、私も歩いてみたいなあ〜
ここでしか見られない植物も見てみたい・・・
くわしい人に説明してもらいたい・・
想像ばっかりですが癒されました。
♪( ´▽`)
[ 2018/05/29 15:23 ] [ 編集 ]
ぶんぶんさんへ♪
雪が残っているとは想像できていたはずなのに
こんなにも雄大な雪景色だとは思っていませんでした。
このカールを登山するのも一度は経験したいし
高山植物を探しながら遊歩道を歩くのも
楽しいでしょうね♪

そうそうガイドさんと一緒に歩くのも
目からウロコがボロボロで楽しいでしょうね!

またここに来て違う面を見たいと
強く感じたこともちょっと珍しかったです。

コメントありがとうございます(^^♪
[ 2018/05/30 07:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する