FC2ブログ

日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山並みに癒されつつ・・・けんかもあり。

連休明けてから南信州に出かけました。

中央高速

何度来ても魅力いっぱいの信州。
自然や歴史の奥深さは素質だけど
信州の観光センスにはいつも感心させられる。
訪れる人を非日常の気分に浸らせてくれる。

中央高速を
山梨、長野あたりに入ってくると
周りを山並みに囲まれて
それだけで幸せ。

双葉サービスエリアで朝一番の休憩をとり
手入れの素晴らしい併設のハーブガーデンで深呼吸。
今にも咲きそうなラベンダーの蕾もたくさん立ち上がっていました。

ハーブにさほど興味のない夫も
解放感いっぱいな表情(^^♪

ハーブ双葉


最近のサービスエリアはドライブでそこを目的にできるくらい
食事やお土産の品揃えに力がはいっているところが増えていますね。
トイレも美しく
化粧台もおしゃれに完備というところがぼちぼちとあって
車旅が快適になって
ちょっと嬉しくなります。

旧中山道の奈良井宿は
奈良井川沿い一キロにわたって江戸時代の街並みを保存している
日本最長の宿場。

奈良井宿

平日の朝10時ということもあって
まだ観光客も疎らで
ゆったりと江戸時代にタイムスリップ。

二階建ての家屋の
一階部分より二階部分を45㎝ほどせり出させる出梁造りは
奈良井宿にのみ見られる特徴なんだそう。

こんな風情溢れる場所だというのに
なんつーことだろう!
最近は比較的衝突しなくなった我が家のはずが
このタイミングで夫と不機嫌な雰囲気に。

思い出せないくらい些細なことが原因で
寡黙なふたりになっていた(;^ω^)

旅を台無しにしたくないのは
夫も同じ。
お互いにすごくすごく楽しみにしていた旅。
「思いっきり楽しく過ごそう!」と掛け声高かった夫なのに!

もともと穏やかで優しい夫ではあるけれど
年齢とともにぷっつんと切れるときがたまにある。

こんなふうに衝突した後は
決して追い打ちをかけるような詰問口調は
厳禁だったよね~
「なんでそうなるの?」なんて今更言っても
なんの解決にもならない。

こんな時は
ただただ沈黙の冷却時間を30分ほどとって
まったく何事もなかったかのように
別の話題を始める。

うちの場合はこのパターンが一番良い。
と言ってもこれができないような私自身の状況のときも確かにある。
夫から普通に話しかけてくることも多くなった。

不機嫌な雰囲気を長引かせないのが
うちにとっては今一番大切で
(不機嫌な時間はもったいないとお互いに確認済)
ひとときお互いの感情をぶつけ合っても
その火種を長引かせず
短時間にとにかく消して
楽しい時間を極力過ごそうといつも言い合っている。

昔は意見の違いの根源を追及し合うことも必要だったけれど
うちの場合は感情的になったときに
話し合うのは有効ではないという結論に達してる。

根源の問題を話し合うなら機嫌のよい時に。

というわけで
奈良井宿は異様にふたりの距離は遠いまま
(まるで他人のように)
江戸時代の街並みを約一キロ歩いた。
(まるで子供のけんかみたいで笑える)
それでもお昼に行こうと決めていた「カフェ深山」に辿り着きました。
(こんな時でも一緒にご飯する気)

カフェ深山

木立ちの奥に佇むカフェの雰囲気はステキで
ついさっきまでの沈黙は一気に消えた~


シンプルでのんびりとした佇まいが
ふたりの不機嫌の種を上手い具合に呑み込んでくれたんですね。
(なんてグッドタイミング♪)

しんとした木の素材を活かした窓から
周囲の新緑の木々のグリーンシャワーが降り注ぎ
「へそ曲げてたって面白くないでしょ!?」と戒められたようで。

けろっと元に戻る。
まあこの単純さが救い(;^ω^)

なんて厄介な夫婦なんだーっ
ふだんはいたって単純なふたりなんだけど。

いくつになっても一緒に暮らすということは
なかなかに波乱を含んでおります。

こんなふうだけど
楽しい旅(;^ω^)は続きます。




今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックありがとう♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/05/17 17:07 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。