日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

カタクリの花が教えてくれたこと

桜のお花見に行った公園で
カタクリの花に出会えました。

縺。繧・s・カ・€・ク・論convert_20180327214359

そういえば去年もここで
カタクリの花を観察しながら
ボランティアの方に説明を伺うことができたんだっけ。

繧ォ繧ソ繧ッ繝ェ_convert_20180327213545

すっかり忘れていたけど
カタクリの可憐な姿に再会したら
鮮やかに記憶が蘇りました。

種が落ちてから
7年以上は一枚の葉で光合成をおこない
毎年養分を蓄える。
7年から10年ほど経ってやっと花が開くんだそうです。

花がつくまでにそんなに長い時が必要なんだぁ。
カタクリの花がよけいに貴く感じられる。

コツコツと力を蓄えて
やっと花開いたカタクリの花。

う~~ん植物から教わることって
きもちにすうっと沁みる。




今日もお越しいただきありがとうございます。
桜は脚光浴びまくりますが
山野草のカタクリはこの季節ひっそりとその生命を輝かせている。
自然は強いとつくづく感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2018/03/27 22:03 ] 植物 | TB(0) | CM(2)
岡山の北部に醍醐桜を見に行ったとき、
初めてカタクリの花を見ました
小さな花が群生していて桜より感動しました
そんなに時間をかけて咲いていることは知りませんでした
すごいですね
感動したわけがわかりました
[ 2018/03/28 11:06 ] [ 編集 ]
ぶんぶんさんへ♪
そちらでも群生しているところがありましたか。
それぞれの植物の生きる姿は
いろんなことを教えてくれますね。
今ではカタクリの花が
ひときわ大好きになっています。
花芯にガイドマークがあって昆虫に蜜のありかを教えているのですって。
知れば知るほど
楽しいですね♪
[ 2018/03/29 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する