日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

山で念願のコンロ使用♪

少しずつ春の気配が濃くなってきましたね。

南房総の富山という標高340mほどの山に
いそいそと出かけました。

低いけれどとてもいい山だよと
山好きないとこから聞いて
ずっと行きたかったところ。

ようやく絶好な季節になってきたので
気持ち前のめり気味にスタート。

観光案内所に立ち寄り
登山口に最も近い駐車場を教わりました。
こういう情報は本やネットだけではなかなか正確なものが得られず
案内所が一番信頼できるのです。

窓口の50代くらいの女性スタッフの
「何しにきたの?」的な表情も苦にならず
必要な情報だけありがたくいただきました。

車を駐車場に置いて
いざ歩き始め
しばらくすると登山口の表示発見。

DSCN0489_convert_20170314183213.jpg

いきなり急登が続き
低い山だからとたかをくくっていたことを
早くも後悔。

でも急できついけれど
楽しい。
歩くって楽しい。
なぜこんなに楽しいのかな。
歩ける喜びをしみじみと味わう。

DSCN0534_convert_20170314184313.jpg


道端の植物に癒されながら
登りはじめはヒーヒーきつい。

そしてだんだん身体が慣れてきて
呼吸と足の運びがリズミカルに。

もう少しで頂上、という手前に
手ごろなベンチ発見。

夫すかさず
「お昼にしよー」

DSCN0500_convert_20170314183435.jpg

DSCN0503_convert_20170314183533.jpg


コンロでお湯を沸かしたくてたまらない夫。
そのために嬉々として山にきた夫。
理由はな~んでもいいんだ~
山が楽しければ。

私たちがコーヒーやラーメンを食べ終わったころ
おひとりの60代くらいの男性が「ここ、座らせてもらってもいいですか?」と
いらっしゃいました。

この山に何度も登られているそうで
普段から山歩きのためにトレーニングされているとのこと。

しばらくお話をして
和やかにまた出発されました。

DSCN0505_convert_20170314183629.jpg

DSCN0508_convert_20170314183814.jpg
低い山でも頂上に達した達成感は力になって
心のお守りになります。

途中ベンチで話を交わした方と
下山時、そして駐車場でもお会いして
手を振り合いながらお別れしました。

こんな小さな出会いも山ならではで
ほのぼのと心が温もりました。
都会ですれ違っても会話まで発展しませんが
山の中ではごく自然に挨拶や言葉を交わせます。
それが自然のちからなんでしょうね。

きっとまた私たち、この山に登るだろうな~。

DSCN0530_convert_20170314184221.jpg
下山して
車での帰り道には夕方にもかかわらず
真っ青な海にも会えました。




今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/03/20 09:07 ] 歩く | TB(0) | CM(8)
いいなあ〜
山の雰囲気をお裾分けしてもらった気分です。
どうして山でいただくものは、
なんでもおいしいのでしょう?
山の空気もいっしょだからでしょうか?
うちの夫も山へ行くと、
お湯が使いたくてしかたないようす・・・
久しぶりだと忘れていて、
ちょっと時間がかかります。
[ 2017/03/20 17:55 ] [ 編集 ]
いいなあー。。
こむぎさんへ

やはり。お二人が醸し出す雰囲気にその方も
思わずすいこまれたのではないでしょうか。。

私もそこにいたら
隣でそこにちゃっかりおしゃべりしそうです。。。

私たちも北鎌倉のお寺で人がいきそうにないところで
こぶしの花を発見したら
おじさんがもっと上のほうまでいけますよと
教えてくれて「なんかここいいですよね。。」
そんな会話っていいですよね。

海も好き。波の音ききにいきたくなりました。
こむぎさんありがとう。
[ 2017/03/21 08:27 ] [ 編集 ]
ぶんぶんさんへ♪
わ~そう言っていただくと嬉しいです。
自然のなかでは
感度が高まるのでしょうか。
感覚が研ぎ澄まされて
なんでも美味しい!
山の空気が調味料(^^♪

あらご主人さまもそうなんですか(^^♪
お湯さえあれば
心強いですしね。

コンロのおかげで
山に行く回数が増えそうです。
[ 2017/03/22 07:50 ] [ 編集 ]
和音さんへ♪
ふふ
醸し出す呑気な雰囲気かも~(^▽^;)

自然のなかで感じたことを
素直に話せるのは
自然のちからなんでしょうね。
力みがとれるのかな。

春の海は
ゆったり、のんびり
冬の厳しさがあったからこそ
喜びですね(^^♪

和音さん
私も平日の鎌倉歩きたくなりました(^^♪
[ 2017/03/22 07:56 ] [ 編集 ]
おお!
早速、レポをありがとうございます。
春の山でホッと一息、帰りには青い海も楽しんで・・・
身体も心も喜びそう・・・
あ、こんろのおかげで、お腹も、満たされて・・・♪
山の中だと、声を掛け合うことにためらいがありませんよね。
自然の力・・・おっしゃる通りです!

思い出したことがあります。
今でこそ、キャンピングカーも珍しくない、気ままなドライブ旅行。
わが父が元気だった頃に既に楽しんでいた、両親は先駆けでしょう。
私たち夫婦と東北に桜を追いかけた旅の折も・・・
両親は日頃の習いで、
お昼は、山の中でコンロを出して、カップ麺なんてことが、しばしば。
若かったせいか、私はこれが嫌で嫌で・・・
なんとか、レストランへ行くよう、仕向けたものです。

今だったら、もっと楽しめるのになぁ・・・
楽しむ力は年齢や経験を擁することもあるんですよね・・・
その昔、父が元気だったころ、
[ 2017/03/23 07:49 ] [ 編集 ]
拝見しているこちらまで、ほっこり
しました。(*´▽`*)
コンロを持って、トレッキングや
おでかけ。
楽しみが増えて、心身ともに元気に
なれますね。
[ 2017/03/23 16:20 ] [ 編集 ]
ぴあ乃さんへ♪
なんか最近焦り気味で
春になれば春を味わわなくては!と
一週間も先延ばしにできないわ!の勢いが
私のなかにありまして。
いえ、夫にはないんですよ~
夫は至って平常心^^
えへ、なんか歳をとることにとても敏感になっているかも。

コンロのおかげで
温かい食事がとれるのは
だいぶ大きな変化です。

まあお父様とのそんな素敵な思い出もおありなんですね。
でもその当時はレストランの食事がよかったんですね~
若いってそうです~
ぴあ乃さんがおっしゃるように
年を経て
経験を重ねて
やっと見えてきたものがあるんですよね。

今を大切にしましょうね(^^♪
[ 2017/03/23 20:28 ] [ 編集 ]
ケロ太さんへ♪
こんな初歩的なことでも
とても大きな変化に思えました~
山でコンロを使えるようになっただけで
あれこれと夢(大げさ)が拡がり
夫は俄然山行きに乗り気になっています。

ケロ太さんも山行きのときには
いろんな道具を使いこなされてるんでしょうね~(^^♪
[ 2017/03/23 20:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する