日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

ふくろうは森で暮らしてこそ

ずーっと行きたかったふくろうカフェ。

ふくろうは思った以上に神秘的でした。

DSCN0371_convert_20170222204048.jpg


夜の森でほーほーという声は聴いたことがあるけれど
姿をじっくり見たことはありませんでした。

カフェでは
間近にさわることができ
ふくろうもバタバタなどせずに
じっと落ち着いています。

さわるとちょっと身体を離したり
目を閉じたり。

DSCN0378_convert_20170222204436.jpg


静かな大きな瞳でじっと見つめられると
心の中まで見抜かれてしまう感じ。

DSCN0376_convert_20170222204538.jpg

背中側を手の甲でなでるのは大丈夫と説明を受けていたのですが
野性の繊細なふくろうにとっては
あまり心地よいものではないでしょう。

たたずまいが静かで
何かを思索しているように見え
森の哲学者という言葉が浮かぶ。

ビルの一室に森の中のような空間をつくり
そこに大小さまざまなふくろうが
あちこちにびっくりするくらいたくさんいて
人間たちもそんなふくろうを決して驚かせてはいけないと
マナーよく見守っている、という不思議な光景。

野生のふくろうを捕獲したのではなく
ヒナから育てたという
こちらのカフェ。

一羽ずつ外の空気を吸わせに
連れ出しているそうですが。

私、散々楽しんだ挙句
それにしてもやっぱり
ふくろうたちは
自然の森で生きることが本来の姿だと
身勝手を重々承知でたどりつきました。

カフェに来る前に
とうにわかっていることのはずなのに
体感するまで実感できなかった。

人間の身勝手で
この狭い部屋に
自然界で生きるべき動物が
押し込められている。

簡単に
「可愛いふくろうを間近で見られる」と
喜んだ私の愚かさ。

つくづく自分の浅はかさに嫌気がさしました。

ふくろうは森で生きてこそ
ふくろうなのに。



いつもお越しいただき
ありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2017/02/23 07:58 ] 日々のこと | TB(0) | CM(4)
ふくろうって不思議な生き物ですね。
表情が人のように変わるのをテレビで見ました。
山を歩くといろいろな鳥の声が聞けることを思い出しました。
名前を調べようにも写真を撮るのさえ難しいです。
時々庭や物干しでもきれいな色の鳥を見ます。
いつか名前が知りたいです。

私もバレンタインにガトーショコラを作りましたよ。

[ 2017/02/23 13:59 ] [ 編集 ]
ぶんぶんさんへ♪
表情が豊かということなのでしょうか。
確かにカフェで見たふくろうたちは
無表情ではなく
目が活き活きしてました。
脳が発達しているのかな?
好きなわりには何も知らないですね、私。

考えてみたら
やはり人間は残酷なことをしているのですね。

野鳥図鑑を見ていると
楽しいですね。
森の中で鳥の声を聞き分けられるように
なりたいな~。

ぶんぶんさんもガトーショコラを(^^♪
手作りはやっぱり美味しいですよね。

あ、そうそう話は違うのですが
「べっぴんさん」の主題歌って素敵ですよね。
カラオケで歌ってみたら
すごく難しくてマスターするのが目標になってます。
ぶんぶんさんはもうマスターしてるのですか?
[ 2017/02/23 20:16 ] [ 編集 ]
「やはり野に置けレンゲソウ」でしょうか。

キャットカフェというのもありますね。
猫好きだから、と誘われますが、
本当の猫好きは行かないわよと、断ります。

そして、人の気持ちはうつろいやすく、
流行っていたキャットカフェが閉店したと聞くと、
猫たちはどうなるんだろう・・・と心配になります。
[ 2017/02/27 17:04 ] [ 編集 ]
青空さんへ♪
本当にその通りですね。
こういうカフェが人間本位で
動物には迷惑だと頭ではわかっているはずだったのに
体感してやはりこれはいけないと
実感しました。

キャットカフェ
入れ替わり立ち代わり
不特定多数の顔を見るのは
猫ちゃんにとって相当なストレスでしょうね。
本当の猫好きさんからしたら
猫がかわいそうで辛くなりますね。

ふくろうカフェも
いつか飽きられて
探しても見当たらなくなるのでしょうね。
ペットショップもそうですが
動物たちの安住の地が気になってしまいます。



[ 2017/02/28 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する