日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

視界ゼロの箱根新道

旅の記録の続きです。

道程が前後しましたが
お墓参りのあと伊豆にはいる前に
ちょっと難関が!

晴れ間さえのぞいていた空模様が
箱根新道にはいったころから
急にガスってきまして
標高があがるにつれて
前が全く見えない状況に。

視界ゼロというくらい。

危険この上ない。

ところが運転する夫はちっとも苦にならないらしい。
でもかえってそれも危ない気がするけど。

大変でも大変と言わない夫。

箱根の山を越えるのは
天候急変がつきもの。

対向車線のすれ違いざまの車のライトが
やっと確認できる程度の最悪な視界。

大型トラックなどは待避車線で霧が晴れるのを待っている。

私たち生きて伊豆に辿り着けるかな~(^-^;

ってハラハラしているのは私のみで
夫は「箱根の山ではよくあることだから」と。

確かに山はいつもこんなことばかり。
でも
「いや~まいったな」ってたまには言ってみたらかわいいのにな。

三島を通過し
伊豆縦貫道にさしかかったころには青空ものぞきはじめ
ホッとしました。

山あり谷あり
視界ゼロあり
でも晴れ間もある。
人生もおんなじですね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

DSCN0217_convert_20161003191021.jpg
今回泊まった宿のお庭の散歩でみつけましたが
なんというお花だろう



今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2016/10/04 07:57 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(6)
旅にハプニングはよくありますね。
ご主人のような方はそれも楽しめる方ですね。
ハラハラされたらよけいに怖いです。
こむぎさんへの優しさでしょうか?
うちは二人してハラハラの方です。
特に私は年々心配性になってます。
年のせいだったらイヤですね。
かわいいお花、ホトトギスに似てますね。
[ 2016/10/04 08:57 ] [ 編集 ]
このお花、実家の庭にもあって、好きな花なんだけど・・・
しばし考えて思い出しました。
ホトトギスです。


大変だとか、弱ったなぁとか、うちも言いませんね。
何故でしょう・・・
それで結果オーライならいいのですが、そうでもない時もあって。

昔、台風で迂回しながら辿り着いた旅先で、
同じような出来事があったことを思い出しました。

引き返すこと、立ち止まること、
未だに学べていないようで、ハラハラすることも(>_<)
[ 2016/10/04 13:54 ] [ 編集 ]
こんにちは (*^▽^*)

山の中のお天気はわからないものですね。
霧で一寸先が見えないのでしょう。
お~怖い

“箱根ではよくあること”
じつは私も伊豆スカイラインを霧の中で走ったことがあります。
(運転はしてませんが)
前の車のテールランプがわずかに霧の中で確認できるぐらいの
濃霧で、
生きた心地がしなかったことを覚えています。
こむぎさんがどんな心境で助手席に座っていたか、
わかりますよ

では、ここで一曲♪ ♬ #
箱根の山は天下のケン
♪ ♪ @*♪○~*
この先わからないので、ここまで♬
[ 2016/10/04 16:00 ] [ 編集 ]
ぶんぶんさんへ♪
私のように右往左往しないのですが
慎重というわけでもなくて
だいたい行動は読めるのですが(^▽^;)

ぶんぶんさんのところは
きっと慎重におとなな行動なんだと思いますよ~(^^♪

石橋をたたく慎重さや
計画性が我が家にも欲しいところです^^

ぶんぶんさんは心配性だとは感じなかったのですが
年齢を重ねると
いろいろなことが想定できるから
前もっていろいろと考えてしまいますよね。

ありがとうございます~
ホトトギスなんですね。
名前はよく聞くのですが
これでしっかり覚えられそう(^^♪
[ 2016/10/05 17:17 ] [ 編集 ]
晴さんへ♪
ありがとうございます~
ご実家のお庭に咲いているんですね。

晴さんところもおっしゃらないのですね^^
男性はやはりそういう弱さを表に出すことがいやなのでしょうね。
> それで結果オーライならいいのですが、そうでもない時もあって。
えへ、これ私も同感同感^^

確かに「突っ走っちゃえ!」ってところが多いです、うちも。
でも年齢のせいか
現実にはパワーが不足してきているので
私がストップかけるようにしています。

日常と違って
旅先だとよけいに場面ごとの判断で性格が出ますよね。
[ 2016/10/05 17:34 ] [ 編集 ]
さくらさんへ♪
本当に怖かったです。
それなのにスピードもあまり落とさずに走るので
隣でぐいぐいブレーキ踏んでました(^▽^;)

平地ならまだ気が楽なんですが
登りで霧だと
どんどん危険になりそうで焦りました。

でも全然焦ってないひとが運転してるので
すっかりお任せすればいいのですけれどね。


ホント箱根ではあの歌が浮かびますね(^^♪
[ 2016/10/05 17:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する