日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

ゆすらうめ、自家製ジャムの味は最高♪

庭のゆすらうめの木には
鳥たちがいつも賑わっています。

DSCN7014_convert_20150529192510.jpg

このこんもりした枝の中で
鳥たちが会話しているように聴こえます。
朝はにぎやかに「おはよう、今日の予定は?」なんて作戦会議しているみたい。
夕方は「お疲れ様、今日の収穫は?」と報告しあっているように
聴こえてしまう。

今年は今までになく小さな赤い実がたわわ。

DSCN7002_convert_20150529192754.jpg

毎年実がなっても
「鳥たちが喜んで食べてくれたらそれでいい」と
なすがままにしていたけれど
調べたらジャムができるらしい。

DSCN7006_convert_20150529192702.jpg

小さい実なので
収穫も
濾すのもちょっと大変。

砂糖と煮て
コツコツざるに木べらをこすり付けて
種を濾した。
(こんな地道な作業を私ができるなんて、ちょっと信じがたい(^^ゞ)

DSCN6999_convert_20150529192907.jpg

手間の甲斐があって
できあがったジャムは
酸味と自然な甘みが程よく
最高級の味がしました。
来年も作りたい♪

DSCN7000_convert_20150529193025.jpg

ヨーグルトやアイスクリームと相性抜群です。





今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村






[ 2015/05/29 19:50 ] | TB(0) | CM(8)

家事のできる夫になってもらいたい

ゴミ出しを夫にやってもらうようになって
何年くらい経つだろう。

DSCN6990_convert_20150527183221.jpg
(チェリーセージって本当にかわいい)

はじめは私が仕事と母の介護で全く余裕のない時に
夫が自分自身も仕事の多忙を極めていたはずなのに
自発的にゴミ出ししはじめてくれました。

今ではゴミ出しは夫担当という暗黙のルールができあがって
ありがた~い。
(ラッキー♪)

はじめの頃は
私自身も夫に頼むことが後ろめたいような気持ちがありました。
でも最近は男性のゴミ出しの姿も多くなり
自然な風景として定着しているのではないでしょうか。

集積所に持っていってもらうことだけでも助かりますが
更に家の中のごみを集めてごみ袋にまとめることも
夫が出来るようになったらいいなと思うのですが。
(ジワジワ、エスカレートする私(^^ゞ)

次はクリーニングの受け渡しも徐々にやってもらおうと
密かに画策しています。

クリーニング店の女性と顔見知りになるのも
素敵じゃありませんか♪

一通り
家事を共有(移譲?)することは
夫にとっても私にとっても
幸せなこと。

「それ知らない、出来ない」ということの
ないように。

ごく自然に抵抗なく家事が身についていたら
いざというとき男性も困らずに暮らせる。
心から切実に思います。
家事のできないシニア男性は生活力に欠け
暮らしを楽しめないのではないかな~

掃除機、洗濯機の使い方も覚えてもらわなくっちゃ。
これがなかなか険しい道かもしれないけれど
ちょっとスピードあげて進めなくっちゃ。

DSCN6982_convert_20150527183346.jpg
(ユスラウメが赤い実をいっぱいつけました)





今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントがとても励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/27 23:00 ] 日々のこと | TB(0) | CM(13)

りんご&いちじく&レーズンジャム

あまり鮮度のよくないりんごを買ってしまい
困ったな~と思っていたら
「ジャムにすればいい♪」と気づき
ドライいちじくとレーズンを合わせれば
さらに美味しいはず、と
早速作ってみました。

DSCN6796_convert_20150520150630.jpg

つぶつぶと見えるのは
いちじくのつぶつぶ。
ドライいちじくは細切りにして煮込みました。

想像通り
いちじくのコクのある甘さがりんごにピッタリ。
いちじくがねっとり柔らかくなっていい味を出しています。

アイスクリームやヨーグルト、トーストにも
合います。

DSCN6799_convert_20150520150532.jpg





今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/24 20:10 ] | TB(0) | CM(8)

上達よりも続けることを目標に。

ゴルフへの気持ちが少しずつ変わってきたように思う。

以前は実は自分なりにうまくなりたかった。
こっそり、スウィングもきれいにかっこよくなりたかった。
(程遠いからこそ(^^ゞ)

最近は
そんな夢のような目標ではなく
とにかくずっとずっと続けたいということ。

DSCN6804_convert_20150522075238.jpg


うまくなれなくても
楽しいと思う気持ちとワクワク感を持ち続け
ラウンドの長い距離を歩き続けられる体力を維持して
森を渡る風や
鳥のさえずりに心をからっぽにして
汗をかきたい。

DSCN6801_convert_20150522074905.jpg


上達よりも
継続を目標に
それでも熱くゴルフを楽しみたい。

ゴルフ場で
70代くらいの女性が
プレーを終わってとてもしんどそうな様子。
でも表情は明るい。
しんどいけれどゴルフが好きなんだろうな。

いろんな環境の変化の中で元気でいられることは
どれだけ奇跡的なことか
骨身に沁みています。

DSCN6823_convert_20150522074741.jpg


夫と共通の趣味であるゴルフを
お互いの健康のバロメーターとしても
大切にしていきたい。

DSCN6818_convert_20150522075140.jpg









今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントも
とても励みになっています♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/22 19:20 ] ゴルフ | TB(0) | CM(8)

小さな読書会、続いています

30年来の長いおつきあいの友人と
同じ本を読んで話そう♪
という小さな読書会を続けています。

読書会といっても
さらっと感想を話すだけなのですが
会ったときに一緒に本屋さんを歩き
お互いの意見が一致した本を2冊選ぶ。

選ぶポイントは
ひとりでは決して読むはずのないもの。

自分の枠からちょっとはみ出して
いつものパターンと違う本を読んでみない?という試み。

そして次回会ったときに
本について話す。

DSCN6581_convert_20150520151121.jpg


友人とその本について話す楽しみのために
心なしか深く読もうとする自分もいる。

同じ本をリアルタイムに読むということが
宿題をかかえているようで
今この年齢だからこそ面白い。

20代、職場が一緒でよくお酒を飲みながら
いろんな話ができた大切な友人。

なかなか会えない時期もありましたが
今でも変わらぬ気持ちでつきあえるという幸せ。

若いころの感覚も甦って
ずっとずっとこの読書会が続きますように。

この年齢で同じ本を読んで語り合えるなんて
ありそうでなかなかない幸せ。

DSCN6889_convert_20150520181108.jpg

自分だけではきっと選ばない
だけど面白そう♪







ここにいらして下さってありがとうございます。
クリックもコメントもとても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/20 19:25 ] つながり | TB(0) | CM(8)

針仕事がこんなに楽しいものだったなんて

居間のテーブルの下に
「つくろいものの一時置き箱」がある。

DSCN6786_convert_20150517065844.jpg


繕わなければならない衣類などを
溜めておき
時間ができた時、片づけようと思っている。

ずいぶん溜まってしまった。

穴があいた靴下
ひざがちょっとすりむけたジャージ
ボタンのとれたカーディガン
などなど。

繕わなくちゃと思いつつ
なかなか手がつけられない
気が重かった箱。

ところが最近
刺繍をするようになってから
針仕事が楽しくなってきました。

休日に一気に
それも楽しくかたづけてしまいました。

針を持つことが苦痛ではなく
すごく面白い。

なんてことだろう
この変化。
お裁縫は私にとって遠い遠い踏み込めない世界だったのに。

亡くなった母が自己流ながら
よく針仕事やレース編みなど好きだったので
今頃になって空の上から
私にちょっかい出しているのかもしれないな~

DSCN6836_convert_20150517165304.jpg
庭にシェードを張ったので
休日の朝食を庭で。
外気の中でいただくのはどんなものでも美味しく感じます。




今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
たかが繕いもの、大袈裟で恥ずかしい(^^ゞ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/17 17:00 ] 日々のこと | TB(0) | CM(8)

旅の朝

旅先ではなぜか朝の目覚めがパッチリ
軽やかに身体が動く。

非日常の新鮮さがとても貴い。

奈良の旅の
アクセスの良さから
近鉄橿原神宮前駅のそばに宿をとったので
朝食前の散歩で
すぐ近くの橿原神宮に行ってみました。

DSCN6463_convert_20150513073407.jpg


ここは平城京の前の首都、藤原京のあったところ。
日本ではじめての本格的な都、藤原京。
大和三山(天香久山、耳成山、畝傍山)ののどかな美しさは
タイムスリップしたように
ゆったりとした時の流れを感じる。

DSCN6450_convert_20150513073917.jpg


地元の方の散歩やジョギング姿がちらほら。

ここに住まう人々の誇りを強く感じる。

スケールも大きく
格式高さを感じる。

DSCN6456_convert_20150513073813.jpg


掃き清められた境内の清々しさは
早起きのご褒美。

鳥居に朝陽がまぶしく
神々しさが身に注ぐような早朝のひとときでした。

DSCN6437_convert_20150513073559.jpg


もう今夜は日常に戻っているのだと思うと
ちょっと名残惜しい。
でもまた日常の暮らしを気持ち新たに。




今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/13 07:50 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(8)

ナッツ、レーズンを常備する

自然のもの
添加物などないもの
緊急時にぽいっと口に放りこめるもの
料理にも使えるもの

これらを満たしてくれているものが
我が家にとってアーモンド、くるみ、レーズン。

DSCN6793_convert_20150511073612.jpg
左上のようなケースに入れてバッグに携帯する。



パウンドケーキやサラダ、カレーなどにも使える。

バッグにしのばせて
空腹に耐えられなくなったら
気軽につまめて即エネルギーになる。

心強い味方です。
賞味期限も長めですしね♪

         ♡    ♡    ♡

DSCN6776_convert_20150511074029.jpg

最近はココナッツオイルをトーストにのせています。
大好きなココナッツが使いやすい形で嬉しい。

DSCN6683_convert_20150511073901.jpg

つぼみのアイリスがとうとう咲いてくれて
これまた嬉しいことです。








今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが
励みになっています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/11 07:50 ] | TB(0) | CM(10)

もう一度行きたい法隆寺

奈良への目的のひとつに
法隆寺をゆっくりみたかったことが
ありました。

修学旅行での記憶は
あまりにもぼんやりで
覚えているのは友たちとのワイワイガヤガヤだけ。

世界最古の木造建築である法隆寺。
推古天皇と聖徳太子が用明天皇の請願を継いで
607年に「薬師如来」を造り
法隆寺を建立したそう。

DSCN6478_convert_20150507210810.jpg


開門と同時に入って
いつも大混雑するというこの人気スポットを
スムーズにゆっくり見たいと目論む。

おほ~
朝早いので
嬉しいことに空いています。
静かで厳かで身も引き締まる。

こんなに広い境内だったんだ~。
修学旅行では五重塔ぐらいは脳の片隅に残っていた。

DSCN6488_convert_20150507211012.jpg


南大門、金堂、五重塔、鐘楼、大宝蔵院、百済観音堂、夢殿など
その建造物の重厚さやバランスの良い美しさに
いちいちほれぼれと見入った。

DSCN6512_convert_20150507210639.jpg


仏像の美しさもこの年齢になってようやくわかってきたように思う。
歴史ある仏像の前では
すっかり素直なやさしい気持ちになれるみたい。


百済観音像の八頭身の伸びやかなスタイルの良さが印象的。
美意識はこの時代でもスマートさにあったのだろうか。
高さ2.09 mという長身で
ほっそりとした柔らかな姿は
今現代でも売れっ子モデル間違いなし。

仏像の撮影は禁止でしたので
画像を載せられず残念です。

歴史に弱い私ですが
歴史から学ぶものは無限で
その深さがしみじみと胸に迫る。

でも3~4時間では足りない。
もう一度一日かけて歩きたい。

DSCN6500_convert_20150507211147.jpg









今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントがとても嬉しく
励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/07 22:11 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(6)

藤の花の美しさに息をのむ

奈良への旅の記事の続きは
後日また書きたいと思います。

今回は
五月にはいってから訪ねた
栃木・あしかがフラワーパークの藤の花の美しさを
お届けしたいと思います。

DSCN6589_convert_20150505153441.jpg

DSCN6592_convert_20150505153538.jpg

DSCN6620_convert_20150505153842.jpg


連休中に行くなんて
無謀だと知りつつ
藤の盛りだということで
朝5時に出発。

途中少し渋滞もありましたが
休憩もいれつつ
まあまあ早めの8時半頃に到着しました。

想像以上の見事に麗しい藤の姿。
紫色の藤が一本の太い幹から
四方に枝を伸ばして
花房を下へ華やかに滴らせている。

花の香りも素晴らしく
うっとり。

花の下にいる人たちは皆笑顔で
淡い紫色に染まってほんのり美しく見えるから不思議♪

花のちからってすご~い。

このフラワーパークは藤だけでなく
シャクヤク、ばら、シャクナゲ、ポピー、ペチュニア、
つつじ、クレマチス、ネモフィラなど美しく
とても手入れの行き届いた植物園でした。

DSCN6619_convert_20150505154017.jpg


もう見るものすべてが手入れよく
生き生きしているので
一層テンションがあがって
楽しい。

植物園っていいな~。

藤も紫だけではなく
白、黄色もあり
また八重の藤もあり
巨大なフェンスに仕立ててあったり
アーチの棚であったり
飽きることなく楽しめました。

DSCN6603_convert_20150505153632.jpg



それほど広くはない園内でしたので
2回ほど回って楽しみました。

DSCN6671_convert_20150505153219.jpg


夫はもともと花の名前もあまり知らない人でしたが
長年「花、花、植物、植物」と年中うわごとのように言う私のせいで
花や植物の名前もそこそこ憶えて
またまんざらでもなく楽しんでいるようです。

それでも私のテンションのあがりように
少々しんどいようですが
それでも最後まで辛抱強くつきあってくれました。

ご苦労さまです。

翌日の新聞にあしかがフラワーパークの記事が写真と共に一面に掲載されていたので
以降はもっと混雑したかもしれません。

帰り道、入園方向の渋滞はものすごく
入るだけでも数時間はかかりそうな車の列でした。

どうぞこれからいらっしゃる方がもしいらっしゃるようでしたら
早めの入園がよろしいかと。

早起きは3文の得という言葉を
また改めて肝に銘じました。







今日もお越し頂きありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります。
あまりにも藤の花が美しく
しつこく画像を載せてしまいました(^^ゞ
来年も行けたらいいな~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2015/05/05 16:10 ] 歩く | TB(0) | CM(4)

奈良、石舞台古墳へ

真っ青な抜けるような青空。

石舞台のように地上に見えているのは
古墳の天井石。
DSCN6381_convert_20150501072948.jpg

この天井石の上には当時土がかぶさっていたが
いつからか土が失われ
巨石がむき出しの形になったそう。

その下に横穴式の石室があり
そのなかにも入っていくことができました。

といっても横幅約3.4m、長さ7.8m、高さ4.8mの
がらんどうの石室でしたが
この巨石をどうやって運び
積み上げたのだろうかと考えると
機具など何もなかった古代に大変な知恵の結集だったろうと思い巡らせる。

DSCN6397_convert_20150501073213.jpg

作られたのが7世紀と推定され、蘇我馬子の墓といわれているこの古墳の姿を
以前からなぜかどうしても見たい思いがありました。

石の形に惹かれるものもある。

単純なただの大きな石のようでもあり
大事なものを守ろうとする信仰の現れでもあるような
そんな石の姿が
直に見るとしっくりとそこに存在していた。

ただただそこにある巨石たちが
古の時代を
理屈抜きで私達の前に手を広げてみせてくれているよう。

DSCN6404_convert_20150501072824.jpg

のどかな飛鳥の地は
かつては宮殿があったところ。

この一帯をもう少しのんびりと散策できたら
よかったな。
あいも変わらず駆け足の私達です。

でも今回の旅は
今までの反省をこめて
欲張らず
的を絞ってじっくりひとつの場所をみるようにしました。

たくさん歩いて農村レストランの昼食をとっても美味しくいただきました。
DSCN6377_convert_20150501073302.jpg

DSCN6378_convert_20150501073353.jpg
古代米がひときわ味わい深く感じました。






今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントがとても嬉しく励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村





[ 2015/05/02 06:50 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(4)