日々ぽつぽつ

ささやかな暮らしを大切に 日々を慈しみたい

旅の宿に求めるものは人それぞれ。

趣の異なるお風呂が露天を含め
7か所もあって
自由に入れるという点に魅かれて
こちらのお宿を選びました。

前回の旅の宿も
このタイプでどのお風呂もとても素敵だったので
また同じようなイメージでおりました。

が、今回はいいな~と思えるお風呂はひとつだけでした。
しかも脱衣所も雑多な雰囲気。
ちょっとがっかり。

お風呂がいくつもあることで
ひとつひとつのお風呂の維持管理が
甘くなっていて
質ではなく数で甘んじている姿勢が見えてしまいました。
(客目線って厳しいー!)

夫も同じような感想で
いいお風呂はひとつだけ、と感じたようです。

でも旅先の夕飯の前のお風呂は最高。
つべこべ言わずに
夕飯を楽しみにしましょう。

DSCN0248_convert_20161008090616.jpg

ひと品ずつ丁寧に運ばれ
お料理を素材から調理方法まで
細やかに説明があり
事務的ではない温もりが良い。

DSCN0181_convert_20161008090010.jpg

DSCN0182_convert_20161008090058.jpg

DSCN0183_convert_20161008090144.jpg

DSCN0184_convert_20161008090245.jpg

DSCN0186_convert_20161008090329.jpg

DSCN0188_convert_20161008090422.jpg

和食の素晴らしさを改めて感じ
山の幸、海の幸を活かしたお料理で感心しました。

お宿の印象は
感じもいいし
全体的には大きな欠点はないのです。

ただ違和感のようなものが全体を覆っているような感じ。

チェックインした場所がロビー的なスペースでしたが
食事処も同じ場所だったことは
かなり無理があります。
玄関とダイニングが同じ場所にあるようで
ひっかかりました。

宿泊施設だけでなく
レストランとしての営業もしているようで
手を広げているが故の手薄感のようなものを
感じてしまいました。

宿全体を流れる空気が
煩雑に感じたのはこのあたりに原因があるのかもしれません。

でも決定的なダメージではなく
どちらかといえば「とても良いお宿」です。

ただまた来たいか?というと
次はまた違うお宿を探そうという気持ち。

客の心理というものは
とても小難しい。

今回お宿観察をしつこく記してしまいました。

それだけ私にとって
旅の宿への期待が大きいということに
気づかされました。

旅の記録を残すために
振り返って思い出すことが
記憶をより深く刻むことにもなりました。

でもホント旅って楽しい。





今日もお越しいただきありがとうございます。
長々と旅の記録におつきあいいただきまして
ありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

[ 2016/10/10 20:00 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(11)

非日常はゆったりします~

年齢とともに
だんだん「詰め込まない旅」になってきました。
少し前までは
あれもこれもと欲張っていました。

詰め込むことで
時間に追われあくせくし
それぞれの場所をじっくりと味わうことができない。

ゆったりのんびり過ごすと
見えてくるものがある。

宿に午後3時チェックインを連絡してあるので
ゆっくり向かうことにします。
(お風呂がいろいろとある宿ということで早めのチェックインです)

道は平日なのでスムーズです。

宿には約束の時間ぴったりに到着。

DSCN0228_convert_20161007082007.jpg


ハーブティが到着のお茶でした。
この時点で夫のテンションが下がったのが丸見えで
ちょっと気の毒だったなあ。

DSCN0174_convert_20161007150753.jpg

男のひとはハーブティが苦手の傾向あり。
女性は喜びますが。

今風でおしゃれで風情もある宿の印象ですが
何かが足りないような。
それがこの時点では何がというはっきりしたものはわかりませんでした。

感じが悪いわけでは決してなく
丁寧に細やかに対応してくださっています。
スタッフの方の対応は充分素敵だと思います。

DSCN0252_convert_20161007080538.jpg




DSCN0237_convert_20161007081002.jpg


今日はとても空いているとのことで
広いお部屋に変更してくださって
緑を一面に眺められる居心地の良いお部屋でした。

DSCN0200_convert_20161007151643.jpg





(え、まだ続くの?)
ごめんなさい!



今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
旅の記録が長々と続いて恐縮です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2016/10/07 17:16 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(4)

修禅寺というお寺は初めて

旅の記録が続きます。

伊豆には何度か来ていますが
修善寺(地名)にある修禅寺(お寺の名称)には初めて訪れました。

正式な名称は
福地山修禅寺萬安禅寺。

DSCN0162_convert_20161004161212.jpg

807年弘法大師が開創したお寺で
鎌倉幕府第2代将軍源頼家が幽閉されたことで知られています。

門前町は桂川沿いに賑わい
橋の欄干には菊などが飾られていて
観光に力を入れていることが伝わってきます。


DSCN0156_convert_20161004182912.jpg

DSCN0157_convert_20161004161114.jpg

近くには
竹林の小径があり
ほんの短い距離ですが
竹林の中はひんやりと小京都の風情を味わうことができました。

DSCN0169_convert_20161004161354.jpg

何度も来たことのある伊豆を今回選んだのは
自宅から遠すぎない場所で
何度も行きたいと思える宿を見つけたいと考えてのことです。

あまり遠くないことで
気軽に出かけて気に入った見知った宿に泊まることができるようになったら
素敵なことだと思うのです。

行ったことのない宿を選ぶときは
調べるのに時間もかかって
それでも期待通りではないこともあり
それはとても残念すぎるので。

繰り返し泊まりたいお宿を近場にみつけたら
安心して泊まれて
なんて素敵なことでしょう。

ということを考えて伊豆に来ました。

しつこく続きます。





今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪
旅の記録を一気に書くことができず
だらだらと続いてしまいます。
ごめんなさい!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2016/10/05 17:38 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(9)

視界ゼロの箱根新道

旅の記録の続きです。

道程が前後しましたが
お墓参りのあと伊豆にはいる前に
ちょっと難関が!

晴れ間さえのぞいていた空模様が
箱根新道にはいったころから
急にガスってきまして
標高があがるにつれて
前が全く見えない状況に。

視界ゼロというくらい。

危険この上ない。

ところが運転する夫はちっとも苦にならないらしい。
でもかえってそれも危ない気がするけど。

大変でも大変と言わない夫。

箱根の山を越えるのは
天候急変がつきもの。

対向車線のすれ違いざまの車のライトが
やっと確認できる程度の最悪な視界。

大型トラックなどは待避車線で霧が晴れるのを待っている。

私たち生きて伊豆に辿り着けるかな~(^-^;

ってハラハラしているのは私のみで
夫は「箱根の山ではよくあることだから」と。

確かに山はいつもこんなことばかり。
でも
「いや~まいったな」ってたまには言ってみたらかわいいのにな。

三島を通過し
伊豆縦貫道にさしかかったころには青空ものぞきはじめ
ホッとしました。

山あり谷あり
視界ゼロあり
でも晴れ間もある。
人生もおんなじですね。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

DSCN0217_convert_20161003191021.jpg
今回泊まった宿のお庭の散歩でみつけましたが
なんというお花だろう



今日もお越しいただきありがとうございます。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2016/10/04 07:57 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(6)

山の中のベーカリーカフェ

伊豆高原に一泊の旅でしたが
初日のお昼は
ベーカリー&テーブルという名前のカフェへ。
紹介の写真や評判に誘われて。


足湯に浸かりながら
老舗旅館の手入れの行き届いたお庭の緑を眺め
ホテルメイドの焼きたてパンがいただける、と聞けば
行かずにはいられませんでした。

11時ころに着きましたが
かなり山の中なのにそこだけは華やぎが。

DSCN0150_convert_20161003072058.jpg

DSCN0148_convert_20161003072159.jpg


賑わいとお洒落な雰囲気。
焼きたてのパンも。

ワクワクさせる環境など人気の理由は納得。
ただセルフサービスが原因なのか
雑な雰囲気がぬぐえず
とっても残念でした。

セルフでもちっとも雑な感じを与えないケースも
ありますよね。
それでもお洒落な雰囲気は楽しいので
良い想い出。

辛口の夫は
「わざわざ来るほどじゃないね」とバッサリ。
(また来たいと思えるお店ってなかなか難しい)

まあまあそう言わずに。
何事も自分の目で見て感じることができるって
幸せだよ~





今日もお越しいただきありがとうございます。
旅の記録を少しずつ進めていますが
新しい発見がいっぱいの旅っていいですね。
クリックやコメントが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[ 2016/10/03 07:35 ] 旅のおぼえ | TB(0) | CM(8)